悠々自適ライフ

大学卒業2か月前に内定辞退した新卒ニートのブログ

大学生が行く!日帰り草津温泉

こんにちは、永遠の夏休み(3月まで)を手に入れた大学4年のゆうとです。

先日、草津温泉に行ってきました。

温泉地ってお年寄りイメージが強いと思うんですけど、草津温泉は学生でも楽しめる素敵スポットだったので、その素晴らしさをみなさんにも伝えていきます。

 

静岡から車で4時間半

群馬県に行くのは初めてのことでしたが、と、遠い、、、

f:id:jqknhr:20170910000708p:image

朝6時半に家を出たのに、Googleマップに惑わされたり僕が道を間違えたりして、到着したのは11時半でした。

 

到着して最初に思ったのが、めちゃくちゃ涼しい!!ってこと!

草津は標高が高いからか、静岡よりも気温が8度くらい低かったです。

大学生は黙って無料駐車場

有料と無料があったら、無料を選ばざるを得ないのが大学生の性です。

僕たちは「天狗山第一駐車場」に停めました。

f:id:jqknhr:20170912143531j:image

このマップの左上端のところです。

まあまあ歩きます。

正直、学生以外に無料駐車場はオススメできません。

ちなみに有料駐車場は2時間550円でした。

 

駐車場の目の前に釣り堀があって、その横の砂利道を進んで行くと温泉街に辿り着くようになっています。

急な階段があって少し大変かもしれませんが、その先には早速の足湯スペースがあります。

f:id:jqknhr:20170910102145j:image

f:id:jqknhr:20170910102244j:image

まずはここで移動の疲れを癒すのが良いでしょう。

 川に流れているのは、水ではなく温泉です。

この時点ですでに楽しいです。

f:id:jqknhr:20170910102630j:image

饅頭は無料配布

片岡鶴太郎美術館を通り抜けると様々なお店が立ち並ぶ通りに突入します。

f:id:jqknhr:20170910103340j:imagef:id:jqknhr:20170910103344j:image

こちらのお店の昼飲みセットを注文しなかったことをのちのち後悔します。

f:id:jqknhr:20170910103452j:image

他にもガラス細工が並ぶお店やお煎餅屋さんなど、見てよし食べてよしの素敵ストリートでした。

その中でも僕を最も満足させてくれたのが、お饅頭屋さんでした。

なんで饅頭なのかって?

タダで食べさせてくれるからです!!

この通りに饅頭屋は2軒あります。

つまり、少なくとも2個は饅頭を食べることができるのです。(僕は帰り道も合わせて3個いただきました。)

f:id:jqknhr:20170911130348j:image

温泉地の饅頭ってどうしてこんなに美味しいんですかね。

お茶も一緒に出してくれるので、喉の渇きを心配する必要もありません。

饅頭の食べ過ぎで、そのあとの釜飯を食べるのに苦労したのは内緒の話ですよ。

f:id:jqknhr:20170911191153j:image

釜飯の右側にある豆腐、今までに食べた豆腐の中で一番美味しかったです。

草津温泉:釜めし・いいやま亭

 草津温泉の顔、湯畑

草津温泉といえば湯畑、湯畑といえば草津温泉と言っても過言ではないでしょう。

f:id:jqknhr:20170911205009j:imagef:id:jqknhr:20170911205047j:image

生で見るとかなりの迫力です。

湯畑って何のためにあるんだろー?って気になりますよね。

入浴剤に使われる湯の花の採取や、湯温の調節をする働きがあるそうです。(調べました。)

 温泉に入るぞー!

今回ノープランで来てしまったので、どの温泉に入るか悩みました。

そこで選ばれたのは、「御座の湯」でした。

http://gozanoyu.com/guide.html

決め手は、600円の入湯料で2階の広間で休憩もできることでした。

朝早かったし移動で疲れたんです。

もちろん、温泉もとてもよかったですよ。

効能とかはよく分からないのですが、どうやら草津温泉は強酸性のお湯が特徴らしいです。

浴槽はふたつあり、奥の方が熱く、手前の方が少しだけぬるかったです。

f:id:jqknhr:20170911214208j:image

そして風呂上がりにはやっぱりこれですよね、コーヒー牛乳。

僕は牛乳派なのですが。

f:id:jqknhr:20170911214444j:image

広間の窓からは湯畑を一望することができます。

控えめに言って最高です。

タダで入れる温泉

草津温泉には他にも、共同浴場と呼ばれる無料で入れる温泉が3つあります。

「白旗の湯」、「千代の湯」、「地蔵の湯」の3つです。

日本3大名湯のひとつをタダではしごできちゃうなんて幸せがあってよいのでしょうか。

ところで、これらの温泉になぜ無料で入れるのか、気になりませんか?

実は、共同浴場は、地元の人たちの生活のために設置されて地元の人たちによって管理・利用されているから、タダなんです!

本当は地元の人たちのものであるところを、ご厚意で一般にも開放してくれているってことですね。

つまり、無料だからって騒いだり迷惑行為をすることは絶対にしてはいけません。

みなさん気を付けましょう。

 念願の湯もみ体験

 リフレッシュしたところで、次に向かうは「熱乃湯」!

もう一回お風呂に入るわけじゃありませんよ。

こちらでは草津名物の湯もみと踊りショーを見ることができるんです。

f:id:jqknhr:20170912141152j:image

内容・料金・時間はこんな感じです。

目玉は、何と言っても湯もみ体験です。

こんな体験ほかでは絶対にできませんからね。

司会の呼びかけで参加希望の方はステージ脇まで集まってください。

確か合計で20人参加できるので、2階に上がってしまった人も諦めなければ参加可能です!

僕も2階から参加したのですが、

ん?これめちゃくちゃ難しくね?

f:id:jqknhr:20170912141924j:image

湯もみガールズ(推定平均年齢60歳)はあんなに軽やかに板をクルクルしていたのに、、!

あまりの下手さにツレに引かれ、湯もみガールズにも満面の苦笑いをされてしまいました。

f:id:jqknhr:20170912142746j:image

何はともあれ、やり切りました。

恐らく日本で1番湯もみが下手な僕でもこの賞状がもらえたので、みなさんも恥ずかしがらずにぜひ挑戦してみてください。

まとめ

できることなら次は宿泊で、温泉をはしごしまくりたいですねえ。

ここで紹介した以外にも温泉はたくさんあります。

ぜひみなさんも自分だけの草津温泉の楽しみ方を見つけてください。

https://www.kusatsu-onsen.ne.jp

↑草津温泉に行くなら、このサイトに一度は目を通しておいた方がよいでしょう。