思い付いたらすぐに行動した方がいい3つの理由

こんにちは、最近の趣味は早寝早起きのゆうとです。

アプリで睡眠効率とか記録するのがとても楽しいです。

f:id:jqknhr:20170925195343p:image

そんな早起きじゃねーじゃんってツッコミはご勘弁ください。

これが僕の限界なんです。

 

ある日、ベランダで朝日を浴びながらぼーっとしてたら、この前、ヒッチハイクで高知から静岡に帰るときに乗せてくれた人が仰っていたことをふと思い出しました。

「成功して幸せになるためには、ピッと感じたらパッと行動すること。ピッパッの法則だよ!」

この時は、ネーミングセンスwwって心の中で笑ってたのですが(失礼)、幸せになりてえなあってことでこの「ピッパッの法則」を意識して生活してみることにしました。

すると、なんとなく毎日が少し楽しくなったような気がしています。

実践してみて3つのメリットが見つかったので紹介していきます。

  1. 可能性を広げる
  2. 後回し疲れを防ぐ
  3. 本当にやりたいことを逃さない

可能性を広げる

 面白いこと思いついてツイートしようと文章化したらそんなに面白くなくてやっぱやめた、って経験ありませんか?

僕は何回もあります。

ネタ系に限らず、こんなこと言ってたら恥ずかしいなって、周りにどう思われるかなって考えてしまって、送信ボタンを押す手前で削除ボタンに切り替えてしまうんですよね。

これの原因は明確で、行動の前に考えてしまっているからなんです。

だから、ピッて思いついたままに書いたら、何も考えずにパッて送信ボタン押しちゃいましょう。

こんな風にしたツイートを自分のタイムラインで改めて見るとめちゃくちゃ恥ずかしいです。自分が消えたくなります。

でも、一度投稿したものを削除するのはもっと恥ずかしいし、もしも誰かにスクショを撮られていたら、、って考えたらキリがありません。

諦めましょう。

それに、恥ずかしさを上回る良いことがあります。

だからこうしておすすめしているんです!

自分が好きなもの・興味を持ったこと・面白いと思ったことを発信していると、周りの人がそれを知ってくれるんです!

だから何?って思うかもしれないけど、例えば、僕は「ヤバイTシャツ屋さん」というバンドのことが好きで、Twitterで言いまくっています。

 その甲斐あって(?)、「ゆうと=ヤバT好き」が定着しました。(たぶん)

 そこで、もしあなたがヤバTのライブのチケットを持っていて、それに行けなくなってしまったらどうするでしょうか?

僕に譲ろうと思いませんか?いや、譲ってください!買わせてください!

 

これはかなり極端な例だけど、好きなことを楽しそうに話す人のところには物や人が集まりやすくなる、と僕は信じています。

最近、僕のツイートが多いのもこれが理由だったりします。

「好きだ!」ってどれだけ心の中で思っていても、思ってるだけじゃ周りの人が気付いてくれる可能性はないんです。

後回し疲れを防ぐ

 宿題やらなきゃ、LINE返さなきゃ、お風呂入らなくちゃ、歯磨かなくちゃ、、、

やらなきゃいけないことはたくさんあるけど、面倒だから後でやろーって、Twitter開いたりゲーム始めたり、後回しにしちゃいがちですよね。

でも、やらなきゃいけないことを後回しにしているこの状況、実は脳みそはめちゃくちゃ疲れています。

どういうことかと言うと、脳のエネルギーは意思決定をすると減っていくようにできているんです。

後回しにしていると、その間中、脳は無意識下で「やらなくちゃ」と意識し続けてしまいます。

つまり、

「やらなくちゃ」って無意識に意識してしまう

「でも今はやーらない!」って決断している

実際にやり始めない限り、この何も生まないクソ無駄な意思決定のサイクルを無限に繰り返し続けます。

脳のエネルギーもったいね~!

だから後回しにしたあとに宿題を始めても集中が全く続かないんですね。

ちなみに、この「脳のエネルギー」は「集中力」とも言い換えることができます。

詳しくはこちらの本で。

 

 「集中力」が科学的に解説されていて面白いです。

 

宿題もLINEの返事も風呂も、遅かれ早かれどうせやることなんだから、パパッとやっちゃいましょう!

本当にやりたいことを逃さない

あの映画面白そう、とか

あそこ景色がきれいだから行ってみたいな、とか

ネットやテレビを見ていると、いろいろな「やりたい」が見つかると思います。

でも、その中で実際に見たり行ったりしたことって何回くらいありますか?

やりたいことも後回しにしてしまうと、やりたいって思ったときに感じたワクワクがどんどん風化していくんですよね。

どんどん忘れていってどうでもよくなって結局何もしない。

これってもったいないし、つまらないですよ。

別に今すぐ旅に出ろって言ってるわけじゃありません。

ちょっと細かく調べてみたり、これ面白くない?って友達に声をかけてみたり、まずはそういうところから始めましょう!

t.co

これに関してはエモさ満点の記事を見つけたので、ぜひみなさん読んでみてください、、!

行きたいと思った瞬間がたぶん過去と未来を含めて一番行きたい気持ちが最高潮な時で、時間が経つにつれ、どんどんその気持ちは薄れていく。

だから旅行なんかも行きたいと思った時に行って、そのまま行きたい気持ちを消化してあげる方がきっと楽しい。

まじでこの通りだと思います!!!

実際に僕も、この前急にパルクールがやりたくなって、すぐにうちの大学のパルクールサークルに連絡して練習に参加してみました。

めっちゃ楽しかったです。

人は行動することでしか変わることができない

 「もし自分が変われるとしたら、行動して、経験した時や。そん時だけやで」

 僕の大好きな本、『夢をかなえるゾウ』の中で一番大好きな一節です。

どれだけ良い話を聞いたり、タメになる本を読んで変わった気になっても、行動しない限り何も変わらないんですね。

良い言葉ですね。

 

さあて、、

卒論やらなきゃ、、、、、